衝撃に強いLED

LEDは衝撃に強いと言われることがあります。

それは、LED照明の素材の違いからそのように言われるんだと考えられます。

具体的には、
直管型LED照明を例にとると、

直管型LED照明は、ガラスではできておらず、割れにくいポリカーボネイト製でできています。

そのため、たとえ、落下した場合でも、ガラスなどではないため、衝撃に強く、そのため、割れにくいという特徴があるのです。

また、電球などは、フィラメントいう細い線が発光しているのですが、この線が古くなると衝撃などで切れてしまい、点灯しなくなってしまうことがあります。
その点、LEDの場合は、チップが通電によって直接発光しているため、このような衝撃で切れてしまうという事がないのです。 pagetop


LED製品・弊社に関するお問い合わせはこちら
お問い合わせ
輸入代行/OEMに関するお問い合わせはこちら
輸入代行/OEM