押さえておきたい取引の際の貿易用語

LED電球を販売したい。
そして、仕入れ先は中国だとなった場合、どうしても避けて通れないのが、
貿易に関する知識です。

そのため、ここでは、貿易をする際に、あるいは価格表などを読む際に押さえておきたい貿易用語を記載しておきます。

貿易用語を抑えておかないと、後で思っていた金額よりも多く請求されてしまう場合がありますので、ご注意ください。
なお、ご不明な場合はお気軽にご連絡ください。

まず、今日は貿易の引き渡し条件としてよく出てくるパタンを簡略に書いてみます。

インコタームズでの負担すべき費用の範囲
下記の場合分けと言うのは、
①費用負担の範囲
具体的には、輸入車、輸出者のどちらが負担を負うのか否か
ということと、
②積み荷の危険負担の範囲
具体的には、天災などの災害で積み荷が駄目になった場合、
誰が責任を持つのか?
という点から下記の用語の違いを見て行ってください。

FOB・FOB価格

FOBとは「free on board」の略語です。

日本語は「本船渡し」とよく言われます。
(fresh on the boatの略語です。)

FOBによる契約では、売主が船積み港で、 買主の指定する本船に契約品を船積みすることにより、 (買主が指定する貨車や飛行機なども含む) 売主としての義務を免れることを言います。
わが社で製造したLED電球を中国の港に運び、買主がしてした船に乗せる場合の価格です。

FOB価格はFOB条件下での価格を指します。

EXW価格

EXWとは「EX Works」であり、
日本語では「工場渡し」と言います。

売主の工場(倉庫も含む)で貨物を引き渡す条件となり、
引き渡した時点で危険負担は売主から買主に移ります。
例えば、LED電球をわが社で製造した場合、工場で御客様に引き渡すばあいということです。

EXW価格とはEXW条件下での価格(製品価格と梱包諸経費)を指します

FCA価格

輸出者が指定した場所で輸入者の指定した運送人に貨物を引き渡します。
工場での引き渡しでない点で上記のEXWとは異なります。

また、荷物の危険負担(当事者の責任でないような天災などで積み荷が無くなった場合)は輸出者から輸入者に移ります。
同じように、費用なども移ります。

CPT価格(FCA+輸送費)

積み荷の危険負担などは、上記のFCAと同じように考えて頂ければ結構です。
但し、FCAと異なるのは、輸入地まで輸出者は費用を負担しなければならないという点です。

CIP価格(CPT+保険料)

積み荷の危険負担などは、CPT価格の説明と同様、上記のFCAと同じように考えてください。
違いは、CIP価格は、CPTの価格に輸入地までの保険料を輸出者が負担しなければなりません。

DAT価格

積み荷を運んだ船や飛行機の中の荷持が下ろされて、買主の処分(販売したり、処分したり)に委ねられたときに積み荷の危険負担(当事者に関係ないような例えば天災等で積み荷が無くなった場合に、当事者の誰が責任を負うのか否か。)と費用負担が輸入者つまり買主に移転する条件での価格です。

DAP価格

船や飛行機などで積み荷が港もしくは飛行場に到着したのに加えて、買主がトラックなどで荷物を受け取り、処分できるようになる状態までの価格を指します。
危険負担や費用などは、買主が販売することができるような状態になった時に売り主である輸出者から買主である輸入者に移転しております。

DDP価格

買主(輸入者)が一番負担の少ない方法です。
具体的には、売り主(輸出者)が輸入通関業務まで済ませて、買主のところまで運送することによって、危険負担や費用負担が買主(輸入者)に移ります。

CIF・CIF価格

CIFとは「Cost, Insurance and Freight」の略語であり、
貿易の取引条件の一つです。

CIFによる契約では、
売主は貨物を買主の指定する港で荷揚げするまでの費用 (製品コスト、梱包諸費用、運賃、海上保険料など)を負担します。

そのあとの費用(輸入関税、通関手続きなど)は買主が負担することになります。

ただし、リスク負担は貨物が積み地の港で本船に積み込んだ時点から、買主に移ります。
(注意:海上保険は売主が手配しますが、運送中事故などが起きて貨物が損害した場合、
買主は代金支払い義務が依然としてあります)

CIF価格とはCIF条件下での価格と言います。
(製品コスト・梱包諸費用・運賃・海上保険料などを上乗した価格)

CFR・CFR価格

CFRとは「Cost and Freight」の略語です。
日本語は「運賃込み条件」と言い、貿易取引条件の一つです。
CFRによる契約では売主が貨物を荷揚げ地の港まで海上運賃を負担し、
海上保険は買主が負担します。

また、リスク負担は貨物が積み地の港で本船に積み込まれた時点で、
売主から買主に移ります。

CFR価格はCFR条件下での価格を言います。
(製品コスト・梱包諸費用・運賃)

ここまでお読み頂きありがとうございます。
基本的には運送会社(いわゆる乙仲さん)に任せればよいのですが、運送会社の方と対等に話し合う事ができるようになるためにも、上記のような智識を持っておかれた方がよろしいかと考えます。

CE

水銀などが入っていないことを証明している。
詳しくはCE→


pagetop

LED製品・弊社に関するお問い合わせはこちら
お問い合わせ
輸入代行/OEMに関するお問い合わせはこちら
輸入代行/OEM