CEマーク・ROHZ

LED照明を購入する際、買主からCEマークやROHZ認証などを求めることが珍しくないようです。

CEマークとは何か。ROHZ認証とは何か。

Wikipediaを参考して、下記のように書かせます。

CEマークは、商品が全てのEU加盟国の基準を満たすものに付けられるマークで、
欧州経済領域(EEA)やトルコ、スイスで販売する際には取得が必要となります。

EU本部は事業者の輸出入の際、CEマークが信頼の証として捉えているそうです。
CEマーク使用許可に当って、
商品が所定の基準を充てたしている証拠を文書にしてまとめる必要があるのですが、、
一般的には企業独自に評価、文書化を行います(自己申告??)。

ROHZ認証は、電子・電気機器における特定有害物の使用制限についてのEUによる指令です。
2006年7月に実行されました。
特定有害物の使用限定対象の中は鉛や水銀がその中の項目となります。


実際電機屋にて、LED照明(たとえばLED電球)のパンフレットを見ると、
各業者は「水銀レス」「環境に有害な水銀を含みません」などのように表記しています。

pagetop

LED製品・弊社に関するお問い合わせはこちら
お問い合わせ
輸入代行/OEMに関するお問い合わせはこちら
輸入代行/OEM